焼豚専門店 匠味

焼豚 専門店 匠味[ たくみ ]オンラインショップ

こだわり続けて60余年…匠味の焼豚「豚天火」を是非ご賞味下さい!
ご注文はこちら
トップページ
匠味について
こだわりの素材
黒豚
醤油
砂糖
水飴
備長炭
豚天火製造工程
メディア紹介歴
■決済方法[銀行振込・代引き]
■のし・ギフト対応
■送料 本州・四国・九州/600円
北海道・沖縄/1,000円
■鹿児島産 黒豚

 

鹿児島で豚を飼っていた最も古い記録は、1564年鹿児島県の山川港に来航したポルトガルの船長の「日本報告」で、当時「豚を飼って食用としていた」と記されています。
その時の豚は、現在の鹿児島の黒豚と違い、真っ黒な小型の豚で人々に愛されていたと言われています。西郷隆盛もこの豚で作った味噌汁が好物だったという言い伝えも残っています。
そして明治時代に、イギリスのバークシャー種(黒豚)と、在来のこの「島豚」を交配することで、黒豚の良さを引き出しながら、そのおいしさに一層磨きをかけました。その後、数々の品種改良を加え、豚肉の芸術品とも言うべき、現在の「鹿児島産バークシャー(鹿児島産黒豚)」をつくりあげました。

■薩摩芋(さつまいも)が黒豚の旨味を増す

 

黒豚にサツマイモを与えると、特に脂肪の質が格段に良くなります。脂肪のとける温度が上昇し、悪性の不飽和脂肪酸含有量が減少し、鹿児島産黒豚の特質である「さっぱりとした食感」や「身体への良さ」は、こういった背景が大きく起因しています。
牡蠣(カキ)の旨味成分で知られるカルノシン酸をはじめ、同じく旨味成分のアミノ酸、ブドウ糖であるグルコース、そのほかの中性糖の含有量も他の豚肉より多く含んでいます。そして、それらが黒豚の深い味わいを醸し出しているのです。豚肉特有のくさみもほとんどありません。
また、寒さが苦手な「純粋種の子豚」にとって、鹿児島のような温暖な気候は「黒豚」を生育するのに最適な環境と言えます。純粋種は、抵抗力が弱く、寒い地域で育てるのが非常に困難なのです。「黒豚」の値段が高い背景には、その美味もさることながら、こういった飼育環境を伴った希少性があるのです。
■黒豚生産者協議会が認定する本物です!

 

「黒豚」と「サツマイモ」そして「温暖な気候」というこの絶妙なめぐり合わせによって生まれる自然の恩恵が、この独特の「美味」の実現を可能にしています。
現在の「鹿児島産黒豚」の定義は、肥育後期にさつまいもを10〜20%添加した飼料を出荷直前の60日前から与えており、鹿児島県黒豚生産者協議会の会員が、県内で生産・肥育出荷・と畜したバークシャー種であり、かつ出荷時に1頭当りの拠出金を納めた豚(肉)を指し、この豚(肉)についてのみ「黒豚(肉)」と名乗ることを許されているのです。
私どもは、鹿児島のサンキョウミートさんから、鹿児島県黒豚生産者協議会に認められた黒豚「黒の匠」を仕入れております。
「黒の匠」は、鹿児島県黒豚生産者協議会の基準に準じた配合飼料で飼育し、肥育後期の仕上げ期間(2カ月以上)に、専用こだわり飼料(サツマイモを10%〜20%含む)を与え、「旨み」 と「コク」を一層引き出した黒豚です。 飼育期間が約240日間と、じっくり丹念に育て上げられた黒豚は、「豊かな旨味ときめ細かい肉質」を持った、匠の技ともいえる鹿児島黒豚なのです。
以前は普通の豚肉(鹿児島産)を使用しておりましたが、焼豚専門店「匠味」オンラインショップを立ち上げるに際し、更に質を追求し、素材を厳選し、本物にこだわった結果、鹿児島産の「純粋の黒豚」を使用することとなりました。これによって豚肉でありながら和牛に劣らない味の深み、そして箸でちぎることが出来るほどの柔らかさを得ることができました。他の豚肉では味わえないこの独特の風味と食感・・・これはもう絶品としか言いようがありません。
「匠味」では、この「鹿児島産黒豚の肩ロース」を使用しております。
 
豚天火を注文する!!
焼豚 専門店 匠味 [ たくみ ] 〒670-0924 兵庫県姫路市紺屋町20番地 TEL 079-223-2756(代) FAX 079-223-2338
お問い合わせは お問い合わせフォームからお気軽にどうぞ!
掲載中の文章・写真の無断転載を一切禁じます。Copyright (C) 2003-2006 TAKUMI. ALL RIGHTS RESERVED.
●当WEBサイトに掲載されている写真・内容については実際の商品とは異なる場合があります。また予告なく変更する場合があります。